一日に必要な水分の量とは

汗や尿として一日に体から出る水の量をご存知ですか?

じつは、なんとペットボトルの1.5リットルと同量だそうです。

ペットボトルで量はおわかりになると思いますが、日々、からだの中から、想像以上の量が出ていることに驚きますよね。

つまり、その分、体は水分を失うことになるのです。

その失った分だけは、最低でも水分補給しなければいけないということですよね。

まずはこの1.5リットルというのが、一日に補給すべき水分の目安ということです。

もちろん、この量より多く摂取することが望ましいですが、最低でも、1.5リットルは飲まなければならないということ。

みなさんは、できそうでしょうか??

さて、日頃、水分の補給を行なおうとする際、みなさんはどのようにして水を飲みますか?

ペットボトルの水を買ってくる方もいらっしゃるかもしれませんね。

水道から直接、水を飲んだり、水道水を沸かしなおして、それを飲む方もいらっしゃると思います。

みなさん、いろいろな方法で水を飲んでいることでしょうが、実は、水道水はあまり体に良くないことはご存知でしょう。

それは、消毒の際、塩素を使うため塩素が含まれているからです。

塩素が含まれている水道水は、あまり体には良いものではありません。

その上、水道管などにサビが発生している場合だと、水と一緒に鉛も摂取してしまう危険性があります。

だから、もし、水分をたくさん飲んでデトックスをしようという場合、水道水はおすすめできません。

そもそも、デトックスという健康方法は、からだの中にたまってしまった、悪いもの、有害物質を出すためにするものですから、言ってみれば、鉛を除去するための方法です。

それなのに、鉛が含まれているかもしれない水道水を飲んでいるのであれば、本末転倒。

それは、デトックスにはなりませんよね。

水を飲むことでデトックスしようという時には、なるべくミネラルウォーターで飲みましょう。


もし記事の内容が参考になったら「いいね!」お願いします♪



サブコンテンツ

このページの先頭へ