体の中にたまった不要な老廃物をデトックスで毒出し

最近、話題になっているデトックス。

どんな意味だと思いますか?

デトックスは英語なのです。

アルファベットで書くと、「detox」。

「detoxification」という言葉を略したものです。

この「detoxification」を直訳しますと、「解毒」や「毒出し」という意味になります。

まるで、毒蛇に噛まれたときに、その毒を出すという意味のようですよね。

でも、私たちが健康法で行うデトックスは、ハチとか、マムシとか、生き物が持っている毒を出すことではありません。

デトックスでいう毒とは体のゴミ(不要物)という意味であり、そのまま体内に持っていると体の毒になるよという意味です。

昔から良く健康に悪いことを「体の毒だよ」と言いますよね。

そういう体の中にある毒素を取り除こう、排出しようというのがデトックスです。

体の中にたまったゴミですが、どうやって不要なものがたまってしまうのでしょう。

一番の原因は、食べ物だそうです。

普段、私たちが食事で口から入れているものに、実は不要なものも含まれている場合が多いです。

毒を食べているとは大げさな言い方ですが、生死にかかわるほどでもないけれど、食べているもののなかに、毒になるものも含まれている場合があります。

食事だけではありません。

驚くべきことですが私たちは普段、何気なくしている呼吸によっても、体に有害なものを取り込んでいるのです。

からだに入り込んだ有害なミネラル・食べたものに含まれている食品添加物・ダイオキシンなど…。

毒素や老廃物と呼ばれているものには、実にいろいろなものがあるんですね。

デトックスはそういう日々、たまってしまった老廃物や毒素を、外に出して体の内側を掃除してくれる大切な機能を活性化させるのです。

デトックスさせる方法は、実に様々な方法であり、意識して行っていないことでも、それがデトックスになっていることもあります。

たとえば、水も意識的に飲むだけで、十分デトックス効果を持たせることができます。

水を飲んで体の老廃物を出そう


もし記事の内容が参考になったら「いいね!」お願いします♪



サブコンテンツ

このページの先頭へ